軽部式・慢性腰痛改善の3システム

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」




Q&A よくあるご質問






      「慢性腰痛」とはどんなものをいいますか?
    
      慢性腰痛とは、腰の痛みが3か月以上続く状態をいいます。

      文字とおり「慢性的に痛みがある腰痛」で、この痛みは病院でも原因不明の
      ことが多いのが特徴です。重苦しい痛みが3か月以上続くことが多く、
      動くことは出来てもいつも腰痛に悩まされます。

      いろいろな治療で一時的に痛みが軽くなってもまた元に戻ってしまい、
      わたしもそうであったように10年以上腰痛に悩まされている方も多くいます。








      「軽部式○○ストレッチ矯正法」は、だれでもできますか?
    
      はい。だれでも行なえます。行なう動作はすごく簡単です。
      ただ幾つかの重要なポイントがありますので、マニュアルどうりに
      行なえばマスターできます。

     (※ただし、股関節に痛みがある方は矯正する際に影響する場合が
      御座いますので、ご購入前にメールにてお問い合わせをして下さい。)








     「軽部式○○ストレッチ矯正法」は、どれくらいで効果が現れますか?
    
      慢性的な腰の痛みや骨盤に違和感等がある方の多くが、左右で足の
      長さに違いがあり、その影響で骨盤が傾いています。

      ○○ストレッチ矯正法を行なって両足がそろえば、立ち上がって部屋の中を
      歩いている時、もしくはその後直ぐに違いを感じることが出来ると思います。
      
      翌日や数日後等では御座いません。矯正後わりと早く違いがわかります。
      
      骨盤がかなり傾いていてもまったく痛み等の症状がない方もいます。
      当然そのような方は矯正後の違いはわかりませんが、確実に骨盤は正常に
      なります。



慢性腰痛改善の3システム

慢性腰痛改善の3システム

慢性腰痛改善の3システム

慢性腰痛改善の3システム

慢性腰痛改善の3システム

慢性腰痛改善の3システム




      腰に痛み等の症状はないのですが、左右の足の長さの違いや骨盤の
      傾きは気になります。自分チェック法は簡単ですか?
   
      とても簡単です!

      チェックする前に正確に違いを出すための簡単なストレッチを行ないますが、
      自分チェック法は数秒で足の長さの違いや骨盤の傾きがわかります。








     「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」をマスターすると、他の人の
      骨盤の矯正まで出来るというのは本当ですか?
    
      はい。本当です!

      自分で行なう○○ストレッチ矯正法を教えてあげて、ご自身で行なって貰う
      だけでもいいのですが、ある動作の時に貴方が補助をしてあげると骨盤の
      矯正がよりいっそう効果的に行なえます。(まるで治療院の先生のようです!)
      この補助はとても簡単なので誰にでも行なえます。
      







      医者で椎間板ヘルニアと診断されました。この場合でも効果がありますか?
   
     わたしも10年以上前に整形外科で椎間板ヘルニアと診断を受けています。
      
      痛みが激しく日常生活にも支障があり、手術を必要とする程でなければ
      「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」で、わたしのように腰痛を改善出来る
      と思います。ヘルニアだからと決してあきらめないで下さい。

      今現在、重度の痛みが出ている場合の改善は難しいかもしれませんが、
      ヘルニアと診断されても慢性的な腰痛の症状でしたら、骨盤の傾きを修正
      すれば痛みや違和感等の症状が改善されます。

      骨盤の傾きから腰痛発生に繋がる場合が多いので、常に自分チェック法で
      チェックして、傾きがあれば直ぐに自分で矯正出来ることが必要です。
      腰痛解消グッズ  
      骨盤マッチョ法も同時に行なえば、2〜3か月で矯正をし無くても骨盤は
      傾かなくなります。



腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

軽部式・慢性腰痛改善の3システム





       ぎっくり腰にも効果がありますか?
     
      ぎっくり腰は正式な病名では御座いませんが、急性腰痛症として一般的に
      使われている名称です。
    腰痛改善
      急に重いものを持ったり、持ち上げて身体を捻ったり、なかにはほんの
      些細な動作で発症してしまう場合もあります。

      一般的に知られているのは、足首の捻挫と同じで痛めた個所の筋肉の損傷です。

      筋肉を損傷してしまった場合では、骨盤の矯正だけで痛みを解消するには
      難しいかと思われます。痛みがひどい場合には患部を冷やして安静にして
      いることです。でも安静にしていれば数日から1〜2週間程で自然に良く
      なっていくはずです。

      ぎっくり腰をよく繰り返す方は、足の長さに違いがあり骨盤が傾いて
      いる場合が多いので、○○ストレッチ矯正法と骨盤マッチョ法で常に
      骨盤を正常にしておくことで、ぎっくり腰の再発予防に繋がります。








      治療院で骨盤の矯正をしてもらったらよけいに悪くなってしまったと
      聞いたことがありますが、「軽部式○○ストレッチ矯正法」で悪くなったり
      致しませんか?
    
      わたしも以前、骨盤を強く矯正されて前より悪くなったことがありました。

      でも、「軽部式○○ストレッチ矯正法」は、他の治療院のように手や足等を
      使って骨盤そのものを押したり動かしたりするものでは御座いません。
      別の所の矯正をします。
      矯正後、立ち上がって部屋の中を歩くだけで骨盤は自然に修正されます。

      この矯正で腰が更に悪くなる事は御座いませんので、ご安心下さい。



>>更に詳しい内容はこちらから















Home |  Category:軽部式・慢性腰痛改善の3システム |  Comment  |  Trackback
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

軽部式・慢性腰痛改善の3システム

ニックネーム:軽部式・慢性腰痛改善の3システム
自己紹介:DTIブログにようこそ!

検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事
腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」 ...(→続き)